ハトムギと麦茶は別物!どんな味なのか?成分や副作用についても

はと麦茶

ハトムギと言われると、何を思い浮かべますか?

ハトムギ茶を真っ先に思い浮かべる人は少なくないと思います。

「ハトムギ茶って麦茶とほとんど一緒でしょ?」という認識の方も多いと思いますが、麦茶は大麦の実を使って作られたお茶であり、全く異なるものです。

今回は、このハトムギ茶について詳しく書いていきたいと思います。

「ハトムギ」は「ジュズダマ」と同じ?原産は?

d8d8f1eb4dee619361e2d13fc784971c_s

まず、ハトムギ茶の原料であるハトムギについて簡単に書いていきます。

ハトムギに似ているもので、ジュズダマと呼ばれる植物があります。

実は、この二つは元々一緒のもので、栽培の過程で生まれた変種がこのハトムギなのです。

ハトムギは、中国南部、インドシナ半島が原産と言われており、日本には江戸時代頃に渡来したとされています。

ハトムギが本格的に普及されたのは昭和56年以降であり、その頃には全国で栽培が始まっていました。

ちなみに、ジュズダマは各地で雑草として自生しており、特に湿地に多く生息しています。

ハトムギ茶に含まれている成分

hatomugicha01

では、ハトムギ茶にはどんな成分が含まれているのでしょうか?

ミネラル

微量のカルシウムや鉄やマグネシウムを含んでいます。

ロイシン

ロイシンとは、必須のアミノ酸の一つといわれており、幅広い食品に含まれています。主に、肉類、乳製品、魚介類、大豆等に含まれています。

チロシン

チロシンはバナナやアボカドの苦味に含まれる成分です。

湯葉やしらす、チーズ、大豆など幅広い食べ物に含まれています。

乳製品、豆類、魚介類にも多く含有しています。

バリン

一時期、「バリン、ロイシン、イソロイシン」というCMが流れていたので、存在を知っている人も少なくないかもしれません。

バリンは必須アミノ酸の一つで、肉類、チーズ、落花生に多く含まれている成分です。

甘みを持つことから、食品添加物として使われています。

その他にも、ハトムギ茶には以下のような成分が含まれています。

  • たんぱく質
  • ビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2)
  • グルタミン酸
  • コイクセノライド

ハトムギ茶には副作用は?妊娠中の方はダメって本当?

ハトムギ茶には副作用は存在するのでしょうか?

ハトムギ茶の原料のハトムギはイネ科であるため、イネアレルギーを持っている方は痒みやじんましんを伴う可能性があるので、摂取は控えた方が良いかもしれません。

ノンカフェインのため、妊娠中の方も飲める健康茶としてハトムギ茶は知られていますが、飲み過ぎると体を冷やすことがあるので、摂取量には気をつけましょう。

ハトムギ茶の味は麦茶と一緒?

スクリーンショット 2017-06-14 18.41.48

冒頭で説明したように、ハトムギ茶と麦茶はそもそも原料が異なります。

そのため、味も少々異なりますが、同じイネ科なのでハトムギ茶の味も麦茶のように香ばしい味です。

Twitterで書かれている、ハトムギ茶の味に関するコメントをまとめてみました。

とあるように、どうやら煮出す時間で味が変わるようです。

総じて、クセがなく香ばしく、麦茶のような味わいとのことでした。

ぜひ、ハトムギ茶を購入される方は、参考にしてみて下さい。

天然のハトムギで作る自家製ハトムギ茶の作り方

cfa69512d33d180455f6824081522ebe_s

自宅の近くでハトムギを採ることができる、直売所などで購入できるなら、是非一度自宅でハトムギ茶を作ってみてはいかがでしょう?

ここでは、自家製ハトムギ茶の作り方をご紹介します。

【自家製ハトムギ茶の作り方】

  • 天日乾燥した殻付きのハトムギを飲む分だけ用意し、砕きます。(だいたい大さじ4~5杯)
  • フライパンに入れて、焦げない程度に炒ります。
  • 炒り終わったものをティーパックに入れた後、600mlの水が入った鍋で煮詰めます。
  • 沸騰し始めたら、弱火で煎じます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事でハトムギ茶について少しでもお伝えできたなら幸いです。

当社でも、ハトムギ茶を販売しております。

鳥取県産100%、無農薬・ノンカフェインにこだわったハトムギを使用しております。

全部でティーパックタイプと粒タイプの2種類!飲みやすい方をお選び下さい。

ご購入希望の方は、下記からどうぞ。

お買い求めの方はこちら

ティーパックタイプ

71Hzb-5dLXL._SL1200_

粒タイプ

61vsXNpsUIL._SL1200_

The following two tabs change content below.

山年園ブログ編集部

巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。
この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
はと麦茶健康茶

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

菊芋

昨年、テレビで菊芋特集が組まれ話題になり、大ヒット!イヌリンやセレンを含む栄養満点の保存食として昔から愛用されてきた野菜です。

きくらげ粉末

「名医のTHE太鼓判」できくらげ粉末が紹介され話題になった当商品。コリコリとした食感が特徴のきのこですが、実はビタミンDや鉄分、カルシウムなど栄養満点の食べ物です。

巣鴨のお茶屋さん山年園の公式ブログ