びわの葉茶ってどんな味!?簡単自宅でできる作り方も

おすすめ商品
この記事は約4分で読めます。

夏に冷やして食べると美味しいびわの実。

びわは実だけでなく、葉にも多くの栄養が含まれていることを知っていますか?

びわの葉は煎じて、びわの葉茶としてスーパーやお茶屋さんで販売されています。

びわの葉茶と聞いても、ほとんどの人が飲んだことがないと思います。

しかし、驚くべきことにびわの葉茶は、江戸時代に枇杷葉湯(びわの葉の煎じ汁のこと)として飲まれていたと記録があるほど、歴史が深いものとして知られています。

びわの実・びわの葉に含まれている成分は?

スクリーンショット 2017-02-19 16.12.35

びわの葉茶には、多くの栄養成分が含まれています。

びわの葉に含まれている成分の中でも代表的なものを紹介したいと思います。

デキストリン

デキストリンとは、あまり聞き馴染みのない言葉ですが、実は「でんぷん」のことを指します。

離乳食などのとろみを出す時に使われる成分です。

よく、デキストリンを食品添加物と混同されますが、種類によって食品添加物に該当する場合とそうでない場合に分かれます。

酒石酸

酒石酸とは、酸味のある果実、特にワインに多く含まれています。

酒石酸は、軍事用目的にも利用されていたため、ワイン貯蔵庫、ワインの製造工場は軍部の管理下にありました。

アミグダリン

びわの葉茶に最も多く含有される成分です。

びわ以外だと、ウメ、あんず、ももなどに含まれます。

主に、種子の中心部分の「仁」と呼ばれる部分に多く含まれています。

アミグダリンは、胃酸により青酸(シアン)に変化してしまうため、大量摂取をすると副作用を引き起こす可能性があります。

とはいえ、これは実をそのまま大量に食べたらの話で、調理・加工をしていれば、それほど神経質になるところでもありません。

タンニン

タンニンとは、びわの渋みの原因の成分で、植物に含まれているポリフェノールの総称です。

よく耳にするカテキンもタンニンの一種です。(茶カテキンはまた別)

多く飲食物で代表的なものを挙げると、飲み物だと緑茶、ワイン、ココア、コーヒー、食べ物だと、柿、いちご、チョコレート、ブルーベリーに含まれています。

サポニン

びわの渋みに含まれており、広く植物に含まれる成分です。

サポニンを含んだ野菜で有名なのが高麗人参で、古来より漢方として重宝されていました。

今でも多くの漢方薬や生薬と呼ばれるものにはこのサポニンが使われています。

びわの葉茶の作り方

biwanotyai_02

びわの葉があれば、自宅でもびわの葉茶を作ることができます。

乾燥させるタイプと、生の葉っぱを使ってお茶にするタイプの2種類のびわの葉茶の作り方をご紹介します。

びわの葉茶<乾燥タイプ>

・まず、びわの葉を1~2cmくらいの大きさに切り、天日干しします。
・カラカラになるまでよく乾燥させます。
・ミキサーなどで茶葉状にし、密閉容器に乾燥剤と共に保存します。

びわの葉茶<生葉タイプ>

・だいたい5~6枚くらいのびわの葉と水1リットルを用意します。なるべく緑の濃いびわの葉を使いましょう。
・びわの葉の裏の綿毛はあらかじめ落としておいて下さい。落とし終わったら、鍋にいれて火をつけて、沸騰するまで待ちます。
・その後、弱火で30分ほど煮出して完成です。

びわの葉茶はどんな味がする?

スクリーンショット 2017-02-19 16.18.56

びわの葉茶の味って、どんな味がするのだろうと気になりませんか?

いまいちピンときませんよね。

気になるびわの葉茶の味は、強い臭みもなく飲みやすい味わいです。

一般的には、ウーロン茶やほうじ茶に近いといわれます。

ただし、煮出しすぎると、濃くなって苦味や渋みが増すので、煮出す時間に気をつけましょう。

ちなみに、ツイッターでみんなのびわの葉茶の味に関する感想を調べたら、以下のような感想がのっていました。一部抜粋。

まとめ

健康茶や野草茶が初心者の方にとって、びわの葉茶はクセもなく飲み続けられるので、おすすめです。

ちなみに、当社でもびわの葉茶を販売中。

霧島山麓の雄大な土地で育った無農薬のびわの葉を使った「びわの葉茶」を販売しております。

「リーフタイプ」と「ティーパックタイプ」の2種類でご用意しています。

すっきりとした味わいで好評です。

びわの葉茶を購入したい方は、下記からどうぞ。

びわの葉茶の購入はこちら

リーフタイプ

71t7FBZWh9L._SL1200_

ティーパックタイプ

71u3j9E6QUL._SL1200_
The following two tabs change content below.
CHANOYU編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
おすすめ商品 健康茶
CHANOYU
タイトルとURLをコピーしました