ブラックベリーの味やおすすめの食べ方|生でも美味しく食べられる?

おすすめ商品
この記事は約7分で読めます。

ブラックベリーを食べたことはありますか?「ベリー」というとブルーベリーやラズベリーなどが有名ですよね。

それらに比べて、日本ではあまり市場に出回らないブラックベリーは、あまり馴染みのない果物かもしれません。

本記事では、そんなブラックベリーの気になる成分や美味しい食べ方について解説いたします。

ブラックベリーとは?

ブラックベリーの種類

ブラックベリー (学名:Rubus fruticosus) は、ラズベリーと同じバラ科キイチゴ属の植物で、日本では「セイヨウヤブイチゴ」と呼ばれることもあります。

小さな粒がぎゅっと集まった形状や赤黒い美しい色はラズベリーに似ているので、同じ種類である事がすぐわかります。

一説によると、このキイチゴ属の植物はなんと数百もの種類に分類されると言われています。

ブラックベリーと呼ばれるものの中でもボイセンベリーやタイベリーメジナなど、ラズベリーとの交雑種もたくさんあり、その種類によって棘の有無も異なります。

元々ブラックベリーはヨーロッパから北アメリカが原産と言われていますが、前述したように日本での流通はあまり多くありません。

その柔らかい実は熟してからが食べ頃で、とても潰れやすく傷みやすいため、あまり流通に向いていないのです。

また、ケルト民族の夏の収穫祭と言われるルーサナでは、このブラックベリーを使ったブラックベリーパイを焼いて秋の豊穣を祈るのが恒例だと言われています。

ブラックベリーに含まれる成分

ブラックベリーは小さな果実ですが、ビタミンやポリフェノールなど、多くの栄養成分がぎゅっと含まれています。主な成分は下記の通りです。

・ビタミンC
・ビタミンE
・アントシアニン(ポリフェノール)
・エラグ酸(ポリフェノール)
・カリウム
・マグネシウム
・銅
・食物繊維

アントシアニン(ポリフェノール)

特に注目すべきはポリフェノールの一種であるアントシアニン。

ブルーベリーやナス、赤ワインなどにも含まれていることで有名な青紫色の色素で、ブラックベリーもその見た目の色通り、この成分をたくさん含んでいます。

その含有量はブルーベリーと同等かそれ以上だと言われています。

ビタミンC

ビタミンCは、ブラックベリー100gに約20mgほど含まれていると言われています。

野菜の育ちにくい極寒の北欧フィンランドなどでは、ビタミンCをとりたい時には野菜代わりにこのブラックベリーから摂取している人も多いようです。

また、その根や葉にはタンニンも含まれているので、乾燥してハーブティーとして飲用したり、うがい薬に使われることもあるようです。

ブラックベリーの副作用について

今のところ、ブラックベリーに関する副作用や過剰摂取による問題などは特に言われていません。

ただ、ジャムやソースなど大量の砂糖と煮詰めて甘く加工したブラックベリーを食べ過ぎると、糖分過多になってしまうことがあるので注意しましょう。

ブラックベリーはどんな味?

ではそんなブラックベリーの気になる味について見ていきましょう。

まるで外国のお菓子のような可愛らしい見た目から、キャンディーのような甘いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、かなり酸味が強いです。

時間が経って完熟したものだと、少し甘さも増してより食べやすいものもあるようです。

実際にTwitterで書かれていたブラックベリーを食べた人の感想を一部ご紹介します。

こうして見てみても、やはりその酸味が特徴のようですね。

そんな酸味の強いブラックベリーは、甘いチョコレートなどと相性抜群です。見た目も可愛らしくアクセントにもなるので、よくケーキやタルトなどの洋菓子にも使われています。

ブラックベリーの保存方法

ブラックベリーは急な気温変化に弱く、とても傷みやすい果物のため、その保存方法には注意したいところです。

少しの時間でも直射日光に当てたり室温で放置したりすることは極力避け、ちゃんと冷蔵庫で冷蔵保存しておきましょう。

実が柔らかいため、小さな容器の中にぎっちり詰め込むと潰れてしまう可能性もあります。

できるだけ空間に余裕のある箱や容器の中に、間隔をあけて余裕を持って入れておきましょう。

冷蔵保存しても傷みやすいことには変わりないので、できれば数日のうちに食べたいところです。

もし大量に入手して一度に食べきれない場合は、冷凍保存しておくといいでしょう。

その際も先ほど述べたように、容器の中に敷き詰めずに余裕を持って冷凍しましょう。

ブラックベリーの食べ方

生の果実のまま食べる

もし生のままで食べる場合は、ヨーグルトに入れたり、チーズケーキの上に載せて食べてみましょう。

日本ではあまりスーパーなどに生のブラックベリーは流通していないので、海外産の冷凍されたものを買うか、もしくはブラックベリーの苗を購入し栽培するのも楽しいですよ。

煮詰めてジャムにする

苦みや酸味が強いので、他のベリー類と同様、砂糖と一緒に甘く煮詰めてジャムやソースなどにするとおすすめです。

酸味と甘味のあるジャムやソースは、トーストやスコーン、ヨーグルトにとても合います。

ジュースやスムージーに

ミキサーにかけてジュースやスムージーにしてもいいでしょう。

バナナやイチゴなどの果物や、チョコレート、ハチミツ、豆乳など甘いものと一緒に混ぜると酸味が緩和されるので飲みやすくなります。

調味料として活用する

パンやスイーツだけではなく、ベリー系のソースを焼いた豚肉のソテーなどにかけるのも1つの方法です。

あまり馴染みがないかもしれませんが、北欧などではベリーソースをかけたお肉料理はとてもポピュラーで意外と美味しいのでおすすめです。

まとめ

ブラックベリーについてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

当社でも、青森県産の無農薬ブラックベリーの粉末を販売しています。

粉末状なのでそのままヨーグルトやスムージーに入れたり、お菓子作りに使いやすいのが嬉しいですよね。甘酸っぱいブラックベリーの風味を、ぜひご自宅でも味わってみてください。

ご購入希望の方は下のリンクからぜひどうぞ。

購入はこちらから

商品名ブラックベリー粉末
商品区分食品
内容量40g
原材料名ブラックベリー
原産地青森県
使用方法ヨーグルトやスムージーなどに溶かしてお召し上がり下さい。また、様々なお菓子作りにもお使いいただけます。
使用上の注意開封後はお早めに召し上がりください。
保存方法高温・多湿・直射日光を避け常温で保存
賞味期限製造日より約12ヶ月
販売事業者名有限会社山年園
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨3-34-1
店長の一言当店のブラックベリー粉末ティーパックは、山年園だけのオリジナル商品です。
老舗のお茶屋がこだわり抜いたブラックベリー粉末を是非ご賞味ください(^-^)

ブラックベリー(粉末タイプ)の購入はこちら

The following two tabs change content below.
CHANOYU編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
おすすめ商品 健康食品
CHANOYU
タイトルとURLをコピーしました