しそ茶の作り方について丁寧に解説!美味しい飲み方についてもご紹介

しそといえば、日本では青じそは「大葉」と呼ばれ、天ぷらやお刺身の薬味として用いられ、赤じそは、梅干しの色付け、ふりかけ(有名なところだと「ゆかり」)など、日常に幅広く浸透していますね。

しそには多くの栄養成分が含まれていますが、上に書いたように特定の料理の時に使うもので、なかなか継続して摂取するのは難しいかもしれません。

しそを定期的に摂りたいなら、おすすめなのが「しそ茶」。

栄養エキスがまるごと吸収できます。

しそ茶を買うのでも良いですが、自宅で作ることができます。

そこで今回は、しそ茶の作り方についてご紹介!

あわせて、しそ茶の美味しい飲み方についても書いていきます。

しそ茶はいつから飲まれるようになった?

colorful-nettles-1706609_640

しそは、はるか昔から栽培されており、日本で古くからある野菜の一つです。

原産地はヒマラヤや中国南部で、中国から日本に伝わったと考えられています。

縄文時代にはすでに日本に渡来し、平安時代には栽培が始まっていたと言い伝えられています。

遺跡から、しその種子が発見された例もあります。

日本では、家庭で薬味として使われる青じそも馴染み深いですが、しそといえば一般的に「赤じそ」のことを指します。

ちなみに、変品種として、表面は青色、裏面は赤紫といったものもあり、「マダラジソ」、「カタメンジソ」という品種名で販売されています。

しそ茶にはどんな成分が含まれている?

スクリーンショット 2017-03-29 16.22.49

しそには大きく分けて青じそと赤じその2種類あります。

それぞれ成分の比率は少し違いますが、両方に共通して含まれている成分について下記に書いていきます。

αリノレン酸

αリノレン酸は必須脂肪酸で、体の中で生成することができません。主に、食事による補給でしか摂取することができません。

ロズマリン酸

ロズマリン酸はポリフェノールの一種で、シソ科の植物に含まれる成分です。

青じそよりも赤じそに多く含まれています。

シソニン

シソニンは赤じそに含まれている特有の成分で、アントシアニン系色素です。

赤じその赤い色素はこのシソニンによるものです。

βカロチン

βカロチンは、赤じそよりも青じそに多く含まれています。

人参やカボチャなど緑黄色野菜に多く含まれている印象が強いβカロチンですが、実は青じその方が含有量が高いです。

比較してみると、人参の1.3倍以上、カボチャの2.7倍も含まれています。

おすすめのしそ茶の飲み方!

6375cf5589d0c7c2585dfa60a0f09c00_s

しそ茶が体にいいと分かっていても、同じ味のものを飲み続ければ、どうしても飽きてくるもの。

また中には、しその独特の香りが少し苦手という方もいると思います。

そんな方々のために、飽きのこない、そして飲みやすくアレンジするしそ茶の飲み方について、いくつかご紹介します。

梅酢を入れる

赤じそは梅干を漬ける際にも使われるので梅酢とも相性がよいです。

アイスで飲むと、よりすっきりと飲むことができます。夏におすすめ。

すり下ろした生姜を入れる

寒い冬はホットのしそ茶に生姜を入れるのがおすすめです。

生姜を入れることで、ぽかぽかと体の芯から温まります。

はちみつを入れる

はちみつを入れることで、まろやかに。しその香りが和らぎ、苦手な方でも飲みやすくなるでしょう。

炭酸水と割る

アイスのしそ茶に炭酸水を入れることで、さっぱりとした味わいを楽しむことができます。

レモン水と割る

こちらも夏向けのしそ茶の飲み方。さっぱりといただけます。

自宅で手軽にできる!美味しいしそ茶の作り方!

87a8375b3e09bfb3115abd96a7a2226a_s

自分でも簡単に作れる美味しいしそ茶の作り方を紹介します。

青じそと赤じそでは作り方が少し異なるので、それぞれ作り方をまとめていきます。

青じそ茶

用意するもの

  • 青じそ
  • 岩塩(天然塩)

作り方

1.鍋に水と洗った青じそと岩塩を少々入れて中火にかける。

2.沸騰したら弱火にし、15~20分煮込んでできあがり。

赤じそ茶

用意するもの

  • 赤じそ
  • レモン汁

作り方

1.鍋に水と洗った赤じそを入れて、しその赤い色が抜けるまで火にかける。

2.レモン汁を少々入れてできあがり。

赤じそに含まれるシソニンと酸との化学反応できれいな赤色になります。

長く煮出すとえぐみが出る場合があるので、気をつけてください。

保存方法については、ペットボトルなどに移し替えて冷蔵庫で保管します。

基本的には日持ちしないので、2日くらいで飲みきるようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

赤じそと青じそはそれぞれスーパーでも販売されているし、手軽に作れるとはいえ、仕事が忙しくてとても作る時間がとれない、という人もいるかもしれません。

そういった方は、当社が販売している赤じそ茶はいかがでしょう?

当社のしそ茶は、宮崎県は霧島山の麓の広大な大地で育てられたしそをふんだんに使っています。

無農薬なので、お子様からご高齢の方まで幅広くお飲みいただけます。

茶葉タイプなので、栄養まるごととれちゃいます!

ご購入の方は下記からどうぞ!

ご購入の方はこちら

61ggzPKzS3L._SL1200_

The following two tabs change content below.
山年園ブログ編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。
この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
健康茶

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

巣鴨のお茶屋さん山年園の公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました