抹茶の正しい飲み方は?茶室の作法・マナーやルールもあわせて解説

日本人であれば馴染みのある抹茶。

一度は、茶会に参加して抹茶を飲みたいなんて思ったことがある人もいるかもしれません。

お点前を頂戴する際には茶道に関する教養が必要となり、ルールを知らないと恥をかくことも・・・。

そこで今回は、抹茶の正しい飲み方や茶室でのマナーについてお伝えします。

茶会に参加しても困らないように、この記事で正しい作法やマナーを知りましょう。

茶会・茶室での服装は?

c517f2ea6611cc0c821c1d9df6353746_s

いざお茶会に参加!・・・とはいっても、なかなか着物を持っている人は少ないですよね。

現在では、着物を着て茶室に入らなければいけないというルールはありません。

茶会での服装について、男女に分けてポイントをご紹介します。

男性の場合

男性は、スーツがあれば茶会に参加できます。気をつけるポイントは以下の2点です。

  • 無地のスーツを着用する
  • 無地のネクタイを着用する

ちなみに襟付きのシャツやブレザーであっても構いません。

女性の場合

女性は、長めのスカートで上品な服装を心がけましょう。気をつけるポイントは以下の5点です。

  • パンツは避ける
  • ヒールが高いもの、ブーツ、サンダルは避ける
  • 派手なマニキュアは避ける
  • ストッキングやタイツを着用している場合は上から白靴下を履く
  • 髪の毛はまとめる

男性と比べると注意点は多いですが、茶室の雰囲気や衛生面に気配りが必要です。

また、以下は男女ともに注意すべきポイントなので、覚えておきましょう。

白い靴下を履く

茶室に入る際に、靴を脱いで白靴下に履き替えます。

最初から白靴下を履いていけば良いのでは?・・・と思うかもしれませんが、綺麗な靴下で部屋に上がるという気遣いの表現でもあります。

アクセサリーをつけない

茶室は俗世間から離れた清らかな場所。

雰囲気を壊さないような配慮が必要になります。

また茶室や茶道具などを傷つける恐れがあるため、以下のような貴金属アクセサリーを身につけることは避けましょう。

男性:時計、結婚指輪など

女性:ネックレス、ブレスレット、リング、ヘアアクセサリーなど

茶席で座る順序・座り方は?

95272581e09722e8469bacd1f72f787d_s

お茶会では、会を催す中心の人である「亭主」の近くに座るのが正客です。

以下、次客、三客となり、最後はお詰めという順序で座ります。

正客とお詰めはあらかじめ亭主によって決められており、事前に本人に声がかかります。

正客とお詰めがお茶会の鍵となる役割を担います。

正客は、唯一亭主とやり取りができる役割であり、お詰めは末席とも呼ばれ、茶会が円滑に回るようサポートする責任ある役割を任されます。

茶菓子の正しい食べ方・マナー

5e6a5069db95f9c17205b699594f8a70_s

茶菓子は、抹茶をより美味しく味わうためのものです。飲む前に食べます。

茶菓子は大きく以下の2つに分けることができます。

  • 主菓子:饅頭やきんとん、餅菓子などの生菓子
  • 干菓子:せんべいや落雁、有平糖などの乾いたお菓子

濃茶の場合は主菓子、薄茶の場合は干菓子をいただきます。

薄茶のみの茶会の場合は、主菓子が出される場合もあります。

亭主から「お菓子をどうぞ」と言われたら、お辞儀をして手をつけます。

茶菓子をいただくときには、次客に対して「お先に」と挨拶の礼をしてからいただきます。

大福や干菓子は手で、生菓子、羊羹は黒文字(爪楊枝のようなもの)を使って食べます。

大きいものはかじりつくのではなく、手で割る、黒文字で切り分けて食べましょう。

お茶が出されるまでに茶菓子を食べきるのがマナーです。

関連記事はこちら

お茶請けの歴史を知ってお茶をじっくり味わう。お茶請けの選び方も
お茶の美味しさを引き立てるのが「お茶請け」。 日本では、古来より季節に合わせたお茶請けを用意し、風流を感じる伝統があります。 今回は、お茶請けの歴史、種類、おすすめのお...
日本茶に合うのはやっぱり和菓子。伝統を重んじ、風流に美味しく飲む
日本茶をより美味しく味わいたいと考える時に外せないのが和菓子。 ここでは、日本茶と和菓子を伝統を重んじ、風流に美味しくいただく方法についてご紹介します。

お茶の正しい飲み方は?

1645e1f25604cfd1803b41fc471afbca_s

流派によっても異なりますが、今回は裏千家のお茶の飲み方についてお伝えします。

【お茶の飲み方(裏千家流)】

右手で茶碗を取り、正面に置きます。

「お点前、頂戴します」と挨拶をし、茶碗を手に取ります。

左手の上で時計回りに2回茶碗を回します。

3〜4回に分けて抹茶を飲み、最後はズズッと音を立て飲み終わった事を示します。(吸いきりといいます)

飲み終わったら指で飲み口をぬぐい、指を懐紙で拭き取ります。

茶碗を2回反時計回りに回して戻します。

茶碗を縁外に置き、茶碗全体の形を拝見して出された位置に戻します。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、しばらくすると一連の動きがスムーズになるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

お茶会と聞くと非日常的で堅苦しいイメージを抱きがちですが、日本の文化や人の温かい心遣いに触れることができる素晴らしい機会です。

亭主の思いやりや一期一会の出会いを大切にして、お茶会を楽しみましょう。

こちらも合わせて読まれています

美味しい抹茶の点て方|古き良き日本文化を楽しもう
ここ数年で日本茶専門のカフェが数多くオープンし、若者を中心にブームとなっています。 日本人といえど、「抹茶」を飲むことも点てることも自ら機会を作らないとめったにできない体験で...
わび茶とは「茶道」の原型|わび・さびの歴史と作法
茶の湯に関心がある方であれば、一度は「わび茶」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 わび茶は非常に漠然としていて、明確にどういうものなのか理解するのは難しいです。 ...
茶筅の選び方とお手入れのコツ【点前を楽しむために】
茶筅は種類豊富で、いざ選ぶとなると「どれがいいの?」「違いが分からない」と悩んでしまう人も多いはず。 初心者にとって茶筅はどれも同じに見えますし、茶筅の選び方で抹茶のおいしさ...

当社で人気の抹茶はこちら

雲龍

71t5ERH8aeL._SL1200_

宝亀

71CAFdPjLWL._SL1200_

天王山

71dhCvrG3WL._SL1200_

The following two tabs change content below.
山年園ブログ編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。
この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
お茶の雑学・ハウツー抹茶

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

菊芋

昨年、テレビで菊芋特集が組まれ話題になり、大ヒット!イヌリンやセレンを含む栄養満点の保存食として昔から愛用されてきた野菜です。

きくらげ粉末

「名医のTHE太鼓判」できくらげ粉末が紹介され話題になった当商品。コリコリとした食感が特徴のきのこですが、実はビタミンDや鉄分、カルシウムなど栄養満点の食べ物です。

巣鴨のお茶屋さん山年園の公式ブログ