デーツ(ナツメヤシの実)とは?糖質やカロリーが多く食べ過ぎ注意?!

おすすめ商品
この記事は約8分で読めます。

デーツは、中東や北アフリカで4000年以上前から栽培、食用にされてきた伝統的な果物です。聖書の中にも登場し、中東ではそのまま食べるほか、お菓子などにも使われています。日本では「ナツメヤシ」の名で知られている果物です。今回は、デーツの魅力や美味しい食べ方などを詳しく解説いたします。

デーツ(ナツメヤシ)とは?

はじめに、デーツはどのような植物なのか、どんなところで食べられているのかなど、デーツの基礎知識を分かりやすく紹介しましす。

デーツ(ナツメヤシ)は何千年も前から食べられていた

デーツは北アフリカ、もしくは西南アジアのペルシア湾が原産といわれているヤシ科の植物です。

非常に古くから食用として栽培されており、アラビア東部では紀元前4千年頃から栽培されていた記録が残っています。

また、ギルガメッシュ叙事詩や聖書にもナツメヤシは頻繁に登場しており、イスラム教の予言者ムハンマドもナツメヤシが好物だったと伝えられています。

デーツ(ナツメヤシ)が主食の国もある

デーツは、現在も世界中で年間600万トン以上が生産され、主な産出国はエジプト・イラン・サウジアラビアなどです。

デーツは生食も可能ですが、乾燥させてドライフルーツにしても美味しく食べられます。

後の項で詳しく説明しますが、カロリーが高く糖質も多く含まれているため、中東の遊牧民の中にはデーツと乳製品を主食にしている部族もいるそうです。

また、デーツをそのまま果実として食べるだけでなく、お菓子や食酢、酒、シロップなどにも加工されています。中東の食生活は、デーツに支えられているといっても過言ではないでしょう。

デーツとなつめの違い

日本では、デーツはナツメヤシという名前で輸入されています。

その一方で日本には昔から「棗(なつめ)」という果物があるので、「同じ種類なの?」と思われる方もいるでしょう。しかし、デーツとなつめは以下のように全く違う植物です。

デーツ(ナツメヤシの実)ナツメ
ヤシ科の植物です。なつめとは遠い親戚になるようですが、現在は全く違う植物として認識されています。一見すると干した果実はよく似ていますが、甘みはデーツの方がずっと強く、ドライフルーツとして食べられているものはほとんどがデーツとなります。クロウメモドキ科の果実で、日本には奈良時代に中国から伝来しました。果実は乾燥させて生薬の材料になります。日本でも福井などでごくわずかに栽培されており、生食すると甘みの薄い林檎のような味がします。

デーツ(ナツメヤシ)の種類について

デーツは長い歴史がある分、種類も多く、全世界で400種類以上が栽培されています。その中でも日本で手に入りやすいものは、種類はアメリカ産とイラン産です。

同じデーツでも種類によって以下のような違いがあります。

→→→→→→→→→→→→

種類特徴
アメリカ・ディグレット種デーツの中では甘みが薄い種類。ドライフルーツなどお酒のおつまみとしても最適。
イラン・サイヤー種イランを中心として中近東で栽培されている品種。黒糖にも似たしっかりとした甘みがあり、皮が固いのが特徴。コーヒーや紅茶にもよく合う。
アメリカ・マジョール種干し柿のように種があり、ねっとりとした甘さが特徴。クッキーやパンなどお菓子の材料としても最適。
イラン・ピアロム種イランで取れる最高級のデーツ。グミのような弾力があり甘さもとても上品。日本でも人気のある品種。

アメリカ・ディグレット種

デーツの中では甘みが薄い種類となります。甘さ控えめが好きという日本人の味覚にあっているデーツといえるでしょう。ドライフルーツにするとお酒のおつまみとしても適しています。

イラン・サイヤー種

サイヤー種はイランを中心として中近東で栽培されている品種です。黒糖にも似たしっかりとした甘みが特徴で、コーヒーや紅茶にもよく合います。

お菓子の代わりに食べたいという方におすすめです。ただし、皮が固いので歯が弱い人は注意しましょう。

アメリカ・マジョール種

干し柿のようなねっとりとした甘さが特徴です。お菓子の材料としても最適で、クッキーやパンにいれても美味しく食べることができます。甘いものが好きな人はそのまま食べてもいいでしょう。ただし、種があるので少々食べにくいかもしれません。

イラン・ピアロム種

イランで取れる最高級のデーツと言われている種類です。グミのような弾力があり、甘さもとても上品なので、世界中に輸出されており、日本でも人気があります。

デーツ(ナツメヤシ)に含まれる成分

この項では、デーツに含まれる栄養素や成分について解説いたします。

デーツに含まれている栄養素

デーツには、タンパク質・脂質・炭水化物・食物繊維・鉄・亜鉛・カリウム・マグネシウム・リン・銅など、さまざまな成分は豊富に含まれています。

このなかでも特に豊富なのが炭水化物、鉄・食物繊維・マグネシウムです。

カロリーはドライフルーツで1粒当たり約53kcalとなっています。プルーンと比較すると、デーツに含まれているマグネシウムがプルーンの約1.5倍、カルシウムが1.8倍含まれています。

デーツ(ナツメヤシ)は高カロリーで糖質も多い?

さて、このようにデーツは栄養豊富な果物であり、美容効果も健康効果も期待できます。しかし、そのカロリーには注意しなければなりません。

ドライフルーツにしたデーツのカロリーは1粒53kcal、1日の糖質摂取の推奨量の25g以下といわれる中、糖質は約12gと非常に高めです。

ナッツ感覚で10粒も20粒も食べていると、過剰摂取となってしまうので注意が必要です。

目安の摂取量は、1日に1~2粒にしましょう。

デーツ(ナツメヤシ)の副作用にいて

デーツを食べて、重篤な中毒症状に見舞われたという症例は特に報告されていません。

ただし、デーツ果実の中でも群を抜いて食物繊維の含有量が多く、あまり摂取しすぎると腸がはったり、便秘気味になることがありますが、上述したように、そもそもデーツはカロリーや糖質が高く、一日に何粒も食べるものではないため、そこまで神経質になる必要はなさそうです。

デーツ(ナツメヤシ)ってどんな味?

では、デーツは実際にどんな味がするのでしょうか?Twitterで味の感想について書かれていたツイートをいくつか抜粋します。

やはり、干し柿のような味がするようですね。生デーツは黒糖のような味がするそうです。

デーツ(ナツメヤシ)の食べ方

この項では、ナツメヤシの代表的な食べ方を紹介致します。

ドライフルーツとしてそのまま

ドライフルーツ状態のデーツはお菓子感覚でそのまま食べることができます。

前述したようにデーツは1粒で50kcal以上あるので、コーヒーや紅茶と共に時間をかけて1粒を食べるのがお勧めです。

ウィスキーやブランデーと合わせてもいいでしょう。

クッキーやパンに練り込む

レーズンのように、デーツをクッキーやパンに練り込んでも美味しく食べることができます。

デーツをそのまま食べると少し甘みがくどく感じるという方は、クッキーやパンに入れて見ましょう。ほんのり甘くて子供でも食べやすくなります。ナッツと一緒に入れてもおすすめです。

料理に使う

甘みを出すためにデーツを料理に使う方法もあります。

サラダのアクセントにつかってもいいですし、お肉と一緒に煮てもほのかな甘みがついて味にコクがでます。また、カレーの隠し味に使うのもベターです。

まとめ

今回は、デーツの栄養価や成分、おすすめの食べ方などを紹介しました。デーツは長年中東や北アフリカの砂漠地帯で主食のように食べ続けられてきたこともあり、炭水化物をはじめとして、各種栄養が豊富です。

甘いものが大好きな人は、お菓子の代わりにおやつにデーツを食べるだけで、食物繊維やカリウムといった栄養成分を摂取できますし、また、亜鉛や鉄・カルシウムも含まれているので子供や妊婦のおやつにもおすすめです。

ただし、炭水化物も多いので、食べ過ぎにだけは注意しましょう。目安は1日ドライフルーツのデーツ1粒です。

ちなみに、当茶舗でもデーツを扱っています。当社山年園のデーツはUAE(アラブ首長国連邦)産の完熟タイプのデーツです。ぜひご賞味ください。

デーツはこちらよりどうぞ

商品名完熟デーツ
商品区分食品
内容量100g
原材料名デーツ
原産地アラブ首長国連邦
使用方法緑茶はもちろん、紅茶やコーヒーのお供に、また、ヨーグルトなどに入れたり、ナッツと一緒に食べるとさらにおいしくお召し上がりいただけます。
使用上の注意開封後はお早めに召し上がりください。
保存方法高温・多湿・直射日光を避け常温で保存
賞味期限製造日より約12ヶ月
販売事業者名有限会社山年園
〒170-0002
東京都豊島区巣鴨3-34-1
店長の一言当店の完熟デーツティーパックは、山年園だけのオリジナル商品です。
老舗のお茶屋がこだわり抜いた完熟デーツを是非ご賞味ください(^-^)

デーツ(完熟タイプ)の購入はこちらから

The following two tabs change content below.
CHANOYU編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
おすすめ商品 健康食品
CHANOYU
タイトルとURLをコピーしました