抹茶の原料であるてん茶(碾茶)ってどんなお茶?

おすすめ商品
この記事は約3分で読めます。

碾茶(てん茶)って聞いたことはありますか?

おそらく、お茶に詳しい方でないと、まず聞いたことがない言葉だと思います。

抹茶の原料に使われる茶葉のため、市場にはめったに流通しません。

今回は、希少価値の高い碾茶(てん茶)について、詳しく書いていこうと思います。

碾茶(てん茶)とは?

碾茶は「てんちゃ」と読みます。

中国茶で樹の葉っぱから作られた甜茶とたびたび混同されますが、全く別物です。

甜茶の記事はこちら

甜茶とは?やさしい甘い味が特徴の中国茶【赤ちゃんもOK】

碾茶はペットボトルやパックなどで飲料用のお茶として販売されることはほとんどなく、抹茶の原料として使われます。

形状は青海苔に非常に類似しています。

被覆せずに育てた茶葉は、洋菓子やアイスクリームの原料として使われています。

全国茶生産団体連合会による「平成29年茶種別生産実績」によれば、碾茶の生産量は京都が最も多く
1145t、2位が愛知で509t、3位が静岡で489tとなっています。

碾茶(てん茶)の主な品種

碾茶(てん茶)の品種や銘柄は、主に京都(特に宇治)のものが多いです。

あさひ・・・収穫期が短いため、多く生産できず、値段が高騰しやすいです。
さみどり・・・あさひに比べると、収穫期が長いです。煎茶用としての使われる品種です。
こまかげ・・・柔らかくやさしい旨みがあるのが特徴。玉露や煎茶でも取引される品種です。

碾茶(てん茶)の栽培方法は?

製造方法は、玉露と同じように日光を遮るようにして栽培します。

その後、一定期間置いた茶葉を摘み取り、すぐに蒸して酸化酵素の働き方を止めます。

玉露と碾茶の違いは、手もみ製法を行わずに、蒸した茶葉を吹き上げて冷却する「散茶」という工程を経て、碾茶炉で乾燥します。

乾燥させた碾茶から、葉を取り除き、石臼やミルで挽くと、みなさんもご存知の抹茶になります。

碾茶(てん茶)はどんな味?

煎茶や玉露とは違う製法で作られた碾茶(てん茶)は、一体どんな味がするのでしょう?

Twitterで実際に飲んでみた人の感想をまとめてみました。

まとめると、

「海苔の味」「旨味が強い」など、お茶の旨味が凝縮されているという意見が多いようです。

碾茶(てん茶)の美味しい飲み方

碾茶(てん茶)は、玉露や煎茶と異なり、手揉み製法をして作られていないため、成分が抽出しにくくなっています。

そのため、お茶パックに入れた茶葉と多めの水をいれてじっくりと浸出させましょう。

手揉みされていない分、雑味が少なく純粋なお茶の旨味・味わいを感じることができます。

まとめ

いかがでしたか。

当社では、そのままでも召し上がれる「食べる碾茶(てん茶)」を販売しております。

店舗でも人気商品で、ご飯にかけたり、おにぎりにまぶしたりなど手軽に使うことができます。

ぜひご賞味ください。

ご購入はこちら

「食べる碾茶」の購入はこちらから

The following two tabs change content below.
CHANOYU編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
おすすめ商品 抹茶 日本茶
CHANOYU
タイトルとURLをコピーしました