九州発の希少なお茶「釜炒り茶」。ほうじ茶との違いは?

釜炒り茶は、九州の一部地域で作られている稀少なお茶です。

一般的な蒸し製のお茶に比べると、茶葉本来の風味や旨味が引き出されています。

この記事では、釜炒り茶の魅力や美味しい入れ方についてご紹介します。

釜炒り茶とは?

釜炒り茶は、九州の一部地域で作られる貴重なお茶

釜炒り茶とは、蒸して作る煎茶と違って、直火で熱した鉄の釜で炒ったお茶のこと。

中国から15世紀頃に伝わったとされていて、煎茶が一般的になるまでは、全て釜炒り製法でお茶が作られていました。

現在は、生産者も減り、九州の佐賀県、宮崎県、長崎県、熊本県などごく一部でしか生産されておらず、お茶全体の数%の割合しかない貴重な日本茶として知られています。

また、釜炒り茶の生産地である高千穂郷・椎葉山地域は、国際連合食糧農業機関(FAO)が設立した世界的に重要な農林水産を営む地域を認定する「世界農業遺産」に登録されています。

釜炒り茶の入れ方

お湯の温度は熱めが良いとされていて、90℃以上が適温。3〜4分蒸らすのがおすすめ。

注ぐ時は、最後の一滴まで注ぎ切るようにして入れます。

釜炒り茶と他のお茶の違い

ぐり茶とは?

ぐり茶は、「玉緑茶」と呼ばれ、釜炒り茶同様に茶葉が丸まっています。

ぐり茶には、「蒸し製玉緑茶」と「釜炒り製玉緑茶」の2種類あり、「蒸し製玉緑茶」は、一般的な煎茶や玉露の製法で作られます。

釜炒り茶とほうじ茶の違い

釜炒り茶とほうじ茶の製法が似ているのでよく混同されます。

まず「炒る」という製法は、熱を加え焼き目を入れていくもので、それに対し、「焙じる」は乾燥したものにさらに火を加えて焼き目をつけます。似ていますが、ちょっと違いますね。

釜炒り茶は鉄釜で炒りますが、ほうじ茶は専用の焙煎機で焙じます。

釜炒り茶の特徴

釜で乾燥させるため、蒸して作られる煎茶の茶葉は針のように細いのに対し、丸い形状になっています。

また、炒ることでお茶本来の香ばしい「釜香(かまこう)」と呼ばれる香りが出るのが特徴です。

色は黄色く、渋みがあるものの、後味はすっきりしています。

まとめ

釜炒り茶は、主な生産地の九州でも「蒸し製」が主流になり、釜炒り茶はより稀有(けう)な存在になってきつつあります。

他のお茶とは違う味わいや旨味が感じられる釜炒り茶、ぜひ日常に取り入れてみては?

The following two tabs change content below.
山年園ブログ編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。
この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
日本茶

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

菊芋

昨年、テレビで菊芋特集が組まれ話題になり、大ヒット!イヌリンやセレンを含む栄養満点の保存食として昔から愛用されてきた野菜です。

きくらげ粉末

「名医のTHE太鼓判」できくらげ粉末が紹介され話題になった当商品。コリコリとした食感が特徴のきのこですが、実はビタミンDや鉄分、カルシウムなど栄養満点の食べ物です。

巣鴨のお茶屋さん山年園の公式ブログ