熊笹茶の茶殻を使ったレシピ①「熊笹と桜えびのかき揚げ」

レシピ
この記事は約2分で読めます。

熊笹茶の茶殻を使ったレシピ・料理の第一弾の記事。

今回は、「熊笹と桜えびのかき揚げ」の作り方をご紹介。

熊笹茶とは?

熊笹茶に使われている熊笹は、日本ではちまきや笹団子などに使われている草で、古くから愛用されてきた草です。

周りに白いフチがあることから、「隈笹」とも呼ばれています。

熊笹茶は、薄味で草っぽい爽やかな味わいが特徴で、クセもなく健康茶を飲んだことない人にはおすすめのお茶です。

関連記事はこちら

熊笹茶の茶殻を使ったレシピ・料理活用法

では、熊笹茶の茶殻を使ったレシピを一つご紹介したいと思います。

必要なもの

  • 熊笹茶の茶殻
  • 塩・コショウ(お好みの量)
  • 天ぷら粉
  • 桜えび
  • サラダ油

20180303_1

キッチンペーパーなどで、熊笹茶の茶殻の水気をとります。

 

20180303_2

ここでは中華鍋を使います。中華鍋、深いフライパンを使う場合、3cm〜3.5cmが目安です。

 

20180303_3

てんぷら粉と水をボウルに入れたら、35~40回を目安にかき混ぜます。

入れたら、すぐに混ぜてください(固まるため)

 

20180303_4

桜えびと熊笹茶の茶殻を容器に移して、偏らないように少し混ぜます。

 

20180303_5

ここに、さきほどの天ぷら粉を流し込みます。油が180℃ほどになったら、すばやくあぶらがはねないように、投入します。

 

20180303_6

早すぎると、熊笹の芯が固く食べにくいので、焦げる手前くらいまで揚げてパリパリにした方が良いかもしれません。

 

20180303_7

こちらが完成形です。

食べた感想は?

熊笹茶の茶殻は芯が固く、なかなか食用向きではないのですが、桜えびと合わせてかき揚げにすることで、「えびの殻」を食べているような感覚になり、違和感なく食べることができます。

とはいえ、揚げが弱いとかなり芯が残るので、揚げる時間には気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

飲んだ茶殻もったいないな・・・と思ったら、今日紹介したレシピを参考にしてみてください。

ちなみに、当社でも熊笹茶の販売をしています。

無農薬、国産、ノンカフェイン。霧島の麓で育てられた熊笹を使っています。

ノンカフェインのため、妊娠中の方でも安心してお飲みいただけますよ!

ご購入の方は、下記の画像をクリックしてください。

ご購入される方は下記の画像をクリック

71Krg1oHVYL._SL1200_

The following two tabs change content below.
俵谷龍佑(たわらや りゅうすけ)
ライティングオフィス「FUNNARY」代表。大手広告代理店でリスティング広告のプランナー業務に従事。その後フリーランスに。留学、睡眠、健康、経営、ライフハック、マーケティングなど多くの分野で執筆に携わり、さまざまな企業のアクセスアップに貢献。執筆記事数は1000本を超えます。SEOと読みやすさを意識したライティングには定評があります。現在は、働き方・地方創生・食という分野を中心に、取材、イベントレポートなど、さまざまなタイプのコンテンツ制作を行っています。

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
レシピ 雑学
CHANOYU
タイトルとURLをコピーしました