茶香炉って何?おすすめの茶葉や種類は?使い方もご紹介

おすすめ商品
この記事は約4分で読めます。

時折、お茶屋さんやマッサージ店などで、茶葉を燃やしたアロマを見たことないですか?

これは茶香炉と呼ばれるもので、現在俄にブームになっている商品です。家庭でも身近に味わうことができます。

今回は、茶香炉について、茶香炉ではどんな茶葉を使うのがオススメなのか、使い方は?など、詳しくご紹介したいと思います。

茶香炉って何?

chakoro01_03

茶香炉と聞くと、古くから存在する商品というイメージを抱きがちですが、その歴史は比較的新しいです。

1997年に愛知県半田市に本社をおく愛知化学陶磁器が、アロマテラピーで用いるアロマポットにヒントを得て商品化したのが茶香炉です。

お茶の香りでリフレッシュしたい、リラックスしたいといった人に愛用されています。

茶香炉は、「通常タイプの茶香炉」と「電気式茶香炉」の2種類に分類されます。

通常タイプの茶香炉は、キャンドルやロウソクを使用します。

自然の炎が使用されるため、間接照明としての役割も果たしてくれます。

電気式茶香炉は、電球の熱でお茶の葉を加熱して香りを出すので、火災の心配がなく比較的安全に利用することができます。

それぞれに特徴があるので、好みや使用状況によって選ぶことをおすすめします。

茶香炉の正しい使い方

chakoro_a04-1

茶香炉は、どのようにして使うのでしょうか?

「通常の茶香炉」も「電気式茶香炉」も基本的に使用方法は同じですが、特に「通常の茶香炉」は直接火を使うものなので、注意が必要です。

まず、子どもやペットが触れないよう、届かない場所に置く、周囲に燃えるものがないことを確認してください。

必ず平らな場所に茶香炉を置き、上皿に大さじ1杯ほどの茶葉をのせます。

アルミホイルの上に茶葉をおくと焦げないので香りが長持ちします。

そして「通常の茶香炉」にはロウソクに火をつけ、「電気式茶香炉」には電源を入れて加熱を開始してください。

「通常の茶香炉」の場合は、煙が少なく炎が強くなり過ぎないように設計されている茶香炉専用ロウソクがおすすめです。

茶香炉でおすすめの茶葉は?

bae6b81cf9b0f00c560d02ccd966f3d0_s

茶香炉は、基本的にはお家にある緑茶の茶葉を使用することができますが、長時間使用すると焦げてしまうことがあります。

その場合には、「カリガネ」と呼ばれる茎茶を使用することで長時間香りを楽しむことができます。

「カリガネ」とは、茎の部分が入ったお茶のことで「茎茶」とも呼ばれています。

茶香炉専用の茎茶も販売されているので、こだわりたい人にはおすすめの茶葉です。

また、日本茶の茶葉がない場合でもコーヒー豆や紅茶、中国茶などで代用も可能です。

茶香炉が一つあれば、様々な香りを楽しめて飽きが来ない点も魅力的ですね。

さらに、香りを楽しんだ後は使用後の茶葉をほうじ茶として味わうこともできます。

反対に、お茶を飲んだ後の出涸らしを天日干しで乾燥させたり、電子レンジで加熱して水分を飛ばすことで茶香炉に使用することができます。

水分を含んだままでは上皿にくっついてしまう可能性があるので、しっかりと乾燥させることが重要です。

自宅にあるもので代用できる?オリジナル茶香炉の作り方とは

chakoro01_06

茶香炉はさほど高価なわけではなく数千円で手に入りますが、「買っても飽きてインテリアになってしまうかも」と不安な方には・・・。

100円ショップなどに売っているアロマポッドとキャンドルで、まずはお試し感覚で使ってみましょう。

茶香炉を使うときと同様に、キャンドルを灯して上皿に茶葉を乗せて使用できます。15〜30分に1回かき混ぜるようにしましょう。

これ以外にもアロマポッドの下に敷くコースターや、茶葉をかき混ぜる棒があると便利です。

4つ揃えても400円程度で茶葉の香りを楽しむことが可能です。手軽に楽しめるので、初心者の方におすすめです。

まとめ

茶香炉は、茶葉の香りを楽しむことができる上に、茶葉を煮出してほうじ茶として飲むこともできる一つで二度美味しいアイテムです。

本格的なものではなくても手軽に挑戦できるので、お家のリラックスアイテムに茶香炉を使ってみるのはいかがでしょうか?

山年園では、器具と茶香炉にぴったりなお茶も販売しています。

ご興味ある方は以下のリンクからご覧ください。

ご購入はこちらから

茶香炉はこちら

519LYVe9aCL

61SRzzuvVfL

茎茶はこちら

かりがねほうじ茶「SUGABOW」

61MV5jCDdQL._SL1200_

The following two tabs change content below.
CHANOYU編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
おすすめ商品 茶器
CHANOYU
タイトルとURLをコピーしました