玄米茶とほうじ茶って何が違う?美味しさの秘密や成分についても

市販でも広く販売され、市民権を得ている玄米茶。

では、ほうじ茶と玄米茶の違いって明確にご存知ですか?

なんだか味も似ているし、両者の違いってよく分からないですよね。

そこで、この記事では玄米茶とほうじ茶の違い、玄米茶に含まれる成分や美味しく飲むコツなどについてご紹介します。

玄米茶とほうじ茶の違いは?

玄米茶と混同しがちなのがほうじ茶。

一体両者は、どう違うのでしょうか?

玄米茶

玄米茶とは、安価な煎茶や番茶などの茶葉と炒った玄米を合わせて作られたお茶のこと。

中には、抹茶や玉露とブレンドしたものや黒豆とブレンドした変わり種商品もあります。

玄米特有の香ばしさもあり人気の高いお茶です。

また、煎茶や玉露といったお茶と比較すると、カフェインの含有量が少なく、カフェインが苦手な人にもおすすめのお茶です。

ほうじ茶

煎茶や番茶などをその名の通り強火で焙じたお茶になります。

焙煎という工程により、アミノ酸やカテキン、カフェインが普通のお茶よりも少なくなります。

玄米茶同様に安価な茶葉が使われることが多いですが、一部では上等な茶葉を用いたものも売られています。

玄米茶に含まれている成分って?

ほうじ茶との違いが分かったところで、玄米茶には一体どのような成分が含まれているでしょうか?

以下で主要なものをご紹介します。

カテキン

カテキンは緑茶に共通して含まれる苦味成分。ポリフェノールの一種です。

テアニン

テアニンは緑茶の旨味成分で、高級なお茶を使った玄米茶ほど多く含まれます。

GABA

y-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略したもので、アミノ酸の一種。

人間の体内にも存在する物質で、白米が1mg含まれていると言われているのに対し、玄米には4mg含まれているといわれています。

γ-オリザノール

玄米に含まれるとされる特有成分。

カフェイン

玄米茶は玄米と緑茶をブレンドして作られていることから、カフェインの量は少なめです。

玄米茶を飲むことで副作用は起こる?

玄米茶には微量のカフェインが含まれています。

妊娠中の方、乳幼児の方は飲み過ぎないように気をつけましょう。

玄米茶のカフェイン濃度に関しては、厚生労働省の下記記事をご覧ください。

食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

より美味しくする!玄米茶のおすすめの入れ方

最後に、玄米茶を美味しく飲むためのおすすめの入れ方についてご紹介します。

1.玄米茶の茶葉4gを用意(目安:ティースプーン2杯)
2.急須へ茶葉を入れます。
3.約95度の湯(約200ml)を急須へ注ぎます。
4.約30秒待ち、浸出させます。
5.均等に少しずつ湯飲みに注ぎます。

まとめ

玄米茶は玄米と緑茶の香りが相まって、非常に香ばしいです。

また、お酒や牛乳で割るなど、様々な飲み方ができるため飽きません。

カフェインが苦手で、どのお茶を飲もうかなと迷っている方にはおすすめです。

ちなみに、当社でも玄米茶を販売中です。

当社では、「コシヒカリを使った玄米茶」「焙煎玄米茶」「抹茶入り玄米茶」など多数取り揃えています。

ぜひ、気になる商品があれば、下記の画像をクリックしてチェックしてみてください。

ご購入はこちらから

コシヒカリ入り抹茶玄米茶

焙煎玄米茶

抹茶入り玄米茶

The following two tabs change content below.
山年園ブログ編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。
この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
日本茶玄米茶

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

菊芋

昨年、テレビで菊芋特集が組まれ話題になり、大ヒット!イヌリンやセレンを含む栄養満点の保存食として昔から愛用されてきた野菜です。

きくらげ粉末

「名医のTHE太鼓判」できくらげ粉末が紹介され話題になった当商品。コリコリとした食感が特徴のきのこですが、実はビタミンDや鉄分、カルシウムなど栄養満点の食べ物です。

巣鴨のお茶屋さん山年園の公式ブログ