和ハーブとは?古くから日本人の心や体を支えてきた野草

近年「和ハーブ」に注目が集まっています。

和ハーブは、日本人の暮らしに根付く身近な存在です。

この記事では、和ハーブの基本的な知識と具体的な使い方についてご紹介します。

和ハーブとは?

ハーブは香草とも書き、古くから食用、薬用、香り付け、染め物などとして活用されてきました。

日本人にも馴染み深いハーブは、ハーブティーにも使われるミントやローズマリーです。

日本原産のハーブは「和ハーブ」と呼び、代表的なものだとしそやよもぎ、生姜が挙げられます。

一般社団法人和ハーブ協会では、日本原産かつ、江戸時代より前に自生していた有用植物を「和ハーブ」と定義しています。

「身土不二」と「一物全体」の考え方

和ハーブを理解するときに大切な考え方があります。それが「身土不二」と「一物全体」です。

身土不二

「身土不二」は「自分が生まれ育った場所で育ったものを食べる」という考え方です。

例えば、寒い国では体を温めるためにジャガイモを食べたり、暑い国では体を冷やすバナナやトマトなどを食べます。

土地と季節に合った食材を食べることで、気候や風土に順応し、調子を整えることができます。

最近よく耳にする地産地消という考え方も、「その土地で育て、その土地で消費する」ということなので、本質の部分では近いです。

一物全体

「一物全体」は「食材を丸ごと食べる」という考え方です。

茎や葉、根、皮などを捨てずに丸ごと食べて、食材の生命力をそのまま取り入れます。

海外では「ホールフード(Whole Food)」という言葉で浸透しています。

この雑草も?和ハーブの種類

代表的な和ハーブを7種類ピックアップします。

それぞれの歴史、どのように使われているかまとめました。

1.しそ(紫蘇)

シソ科・シソ属の植物で、「大葉」とも呼ばれます。

梅干しの着色に使われていることで有名です。

乾燥した葉っぱは、ソヨウ(紫蘇葉)という生薬で販売されています。

2.よもぎ

生命力が強くどんな環境でも育つよもぎはキク科の植物です。

よもぎは草餅やお灸のもぐさなどに使われます。

昔は魔除けとして、よもぎの葉を軒先に吊るしていました。

よもぎ茶は妊婦さんも安心のノンカフェイン。味や飲み方も紹介【優秀すぎる雑草】
よもぎ茶と言うと、馴染みのある人も多いかもしれません。 よもぎは、日本全国のいたるところに自生していて、乾燥よもぎは餅や天ぷらなどの料理や入浴剤にも使われるなど、比較的ポピュ...

3.クロモジ(黒文字)

クスノキ科のクロモジは山に自生する木です。

若い枝は高級楊枝の材料にも。

非常に良い芳香を放つため、かつては石けん、香料などに使われました。

現在でも、アロマオイルやエッセンシャルオイルの原料として使われます。

高級和菓子の御伴にも!クロモジ茶(黒文字茶)の魅力をご紹介します
日本原産のアロマとも言われる「クロモジ」という木をご存知でしょうか? 清々しい森の香りを特徴とし、今でも高級和菓子の楊枝として使用されています。 本記事では、高級素材ク...

4.どくだみ

昔は、之布岐(シブキ)と呼ばれていましたが、「毒を止める」という意味を持つ「毒を矯める」が変化し、「毒矯み(どくだみ)」になったと言われています。

乾燥させたものは、十薬(じゅうやく)という名前で生薬として販売されています。

どくだみ茶はやっぱり独特な味?美味しく飲み続けるコツを紹介!
どくだみ茶といえば、健康茶の中でも知名度が高く、スーパーや薬局でも販売されているため、知っている方も多いかもしれません。 しかし、どくだみの独特な香りのせいか、何となく「飲み...

5.スギナ

スギナは「ツクシ」の葉っぱの部分です。

生命力と繁殖力がとても強く、駆除に手を焼く人も。

現在は「スギナ茶」として親しまれています。

ミネラルの宝庫と呼ばれるスギナ茶について。気になる味や作り方も
スギナ茶が健康に良いと、よくテレビや雑誌などに目にするものの、「そもそも、スギナってどんな植物なの?」と、スギナのことをあまり知らない人も多いかと思います。 そこで今回は、そ...

6.カキドオシ

シソ科の植物であるカキドオシは、山菜やお茶として親しまれています。

生薬として「レンセンソウ」や「カントリソウ」という別名もあります。

健康志向の方に愛されるカキドオシ茶の味や成分って?副作用はある?
「カキドオシ」という植物をご存知でしょうか? 長いものでは1メートルにまで成長し、垣根を越えるすさまじい成長ぶりから「垣通し(カキドオシ)」という名がつきました。 4~...

7.ウラジロガシ(裏白樫)

ウラジロガシは10m以上に成長するブナ科の木です。

数が少なく、国の天然記念物に指定されている木々もあります。

四国の徳島地方では、昔から民間薬として使われていました。

ウラジロガシはドングリの仲間?気になるウラジロガシ茶の味や飲み方など
ウラジロガシ茶って知っていますか? ほとんどの人が初めて聞く名前なのではないでしょうか。 実はこのウラジロガシ茶は、よもぎ茶やどくだみ茶といった健康茶の一つで、古くから...

和ハーブをもっと身近に感じる使い方

和ハーブは様々な使い方ができます。

今回は4つの使い方で、和ハーブを生活に取り入れる方法を紹介します。

1.入浴剤

入浴剤の和ハーブとして最も親しみがあるのは「ゆず湯」です。

端午の節句では伝統の菖蒲を切って浮かべた「菖蒲湯」や、よもぎの煮出し汁を入れた「よもぎ湯」なども有名です。

2.香り付け

和ハーブは、特に和の料理と相性バツグン。

クロモジ(黒文字)は、木くずや乾燥させた葉っぱをティーパックにつめて、お肉と一緒に煮込んだり、またカレーの隠し味にもおすすめ。

3.お茶・ドリンク

和ハーブを煮出したり、水出ししたりすれば、お茶として飲むこともできます。

複数の和ハーブをブレンドして作れば、栄養をまるごと摂取できるからオトクです。

4.香り袋

和ハーブを「サシェ」という小袋に入れて、自然な香りを楽しむ方法です。

ヒノキや白檀、沈香といった「香木」の歴史は平安時代にまで遡り、仏教の儀式で使われたり貴族が香りを楽しんだりしていました。

枕や靴箱などに置くのがおすすめ。

まとめ

今回は日本の伝統的な「和ハーブ」を紹介しました。

ハーブと聞くと扱いが難しく感じますが、日本では昔から庶民に親しまれていた身近な存在です。

今回お伝えした方法で、和ハーブを料理、香料として使ってみては?

当社でも和ハーブ茶を販売中

当社山年園でも、和ハーブ茶を多数販売中。

現在最も人気が高い和ハーブ茶が「どくだみ茶」「よもぎ茶」です。

どちらも国産100%の当社オリジナル商品。ぜひ一度ご賞味ください。

どくだみ茶

よもぎ茶

The following two tabs change content below.
山年園ブログ編集部
巣鴨のお茶屋さん山年園は、巣鴨とげぬき地蔵通り門前仲見世にあり、60年余りの間、参拝のお客様にご愛顧頂いている茶舗「山年園」です。健康茶、健康食品、日本茶、巣鴨の情報などをメインに、皆様のお役に立てる耳寄り情報をまとめています。
この記事が気に入ったらいいね!
最新情報をお届け!
健康茶

※当ブログメディアに記載されているものは、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した一次情報(国家機関のデータや製薬企業等のサイト)を元に情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条より)

菊芋

昨年、テレビで菊芋特集が組まれ話題になり、大ヒット!イヌリンやセレンを含む栄養満点の保存食として昔から愛用されてきた野菜です。

きくらげ粉末

「名医のTHE太鼓判」できくらげ粉末が紹介され話題になった当商品。コリコリとした食感が特徴のきのこですが、実はビタミンDや鉄分、カルシウムなど栄養満点の食べ物です。

巣鴨のお茶屋さん山年園の公式ブログ