日本茶 巣鴨のお茶屋さん山年園

全国送料無料!年中無休365日発送

0120-22-4663 通話料無料(受付:8時〜20時)

のご注文なら ※ただし在庫切の場合は入荷次第の発送となります。

商品カテゴリ一覧 > お茶 > 日本茶

日本茶

山年園の日本茶

山年園で取り扱う日本茶は巣鴨のお店でも同じく参拝茶が大人気です。
豊島区民が選んだ「豊島の名品50選」に、その山年園の参拝茶が選ばれています。
さらにテレビなどメディアでも取り上げられております。
このお茶の特徴は、葉っぱが細かく茎を抜いていません。
その為甘い香りとまろやかな仕上げになっています。
見かけはあまりよくなく、粉っぽいです。
しかしこれは、深蒸茶といって、お茶を蒸気で蒸す時間を普通煎茶の
倍以上の時間を掛けて蒸しているからです。
その結果苦み成分が減り、甘さが増しコクも出ます。
当店看板のお茶「参拝茶」の産地契約工場の
「山啓製茶」が農林水産大臣賞

農林水産大臣賞を受賞しました

当店看板のお茶「参拝茶」の産地契約工場の「山啓製茶」が
東京都の品評会で農林水産大臣賞(2006年度)を受賞しました。
毎年全国から多くの優良茶の出品があり、激戦と言われる品評会です。

カテゴリー

日本茶について

日本茶と言うのは日常会話で用いられる用語で、いわゆる「日本のお茶」、つまりは「日本で作られたお茶」あるいは「日本でよく飲まれるお茶」と言った意味合いでよばれていて、実は特に生物学的な定義は無いそうです。
その日本茶の多くは、蒸すことで加熱処理をして酸化・発酵を止めたのち、乾燥させる製法をとっているのが一般的です。この方法は日本独自で発展したものであり、世界的にみても製茶過程で”蒸し”という工程が行われている国は他にないそうです。一説によると、古代中国において少数派であった製法を、たまたま日本が持ち帰ったものだともいわれています。

日本茶の種類について

日本で生産されるお茶は「緑茶」がほとんどで、普段もっとも飲まれているのが「煎茶」で、蒸し時間の長い「深蒸し煎茶」もあります。日本で生産されるお茶の約60%がこの煎茶です。次に定番の番茶が25%、玉露、かぶせ茶、てん茶、玉露茶と続き、その他にも玄米茶、ほうじ茶、粉茶、抹茶、新茶などの種類があります。